人材紹介およびコンサルティングサービス 利用規約

​株式会社ZERO TALENT

本申込規約(以下「本規約」という。)には、株式会社ZERO TALENT(以下「当社」という。)が提供する人材紹介及びコンサルティングサービス(以下「本サービス」という。)の利用にあたり、本サービスの利用者の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社と本サービスの利用者(以下「サービス利用者」という。)の皆様との間の権利義務関係が定められています。本サービスの利用を希望される方又は本サービスの申込者(以下「サービス申込者」という。)は、本サービスの申込及び利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意していただく必要があります。

第1条(適用)

1.本規約は、本サービスの利用に関する当社とサービス利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社とサービス利用者の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

2.当社が当社ウェブサイト(第2条に定義)上で随時掲載する本サービスと当社イベント(第2条に定義)に関するルール、諸規定等、及び当社がサービス利用者へ発行する申込書等の書面に記載されたルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとします。

 

第2条(定義)

本規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。

(1)「当社」とは、株式会社ZERO TALENTを意味します。

(2)「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「https://www.zerotalent.co/」である当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含む。)を意味します。

(3)「本サービス」とは、当社が提供する「人材紹介及びコンサルティングサービス」を意味します。

(4)「イベント」とは、本サービスにおいて開催されるサービス利用者と求職希望者とをマッチングする各種催し物を意味します。

(5)「当社イベント」とは、当社が主催し、開催、運営及び集客する各種イベントの総称を意味します。

(6)「求職希望者」とは、当社イベントを通じて求職につながる活動を行う個人を意味します。

(7)「サービス利用者」とは、本サービスの利用を希望し、本規約に同意し、当社が本サービスの利用を承認した法人又は個人を意味します。

(8)「サービス申込者」とは、本サービスの利用を希望する者で、当社に対して本サービスの利用の申込を行う法人又は個人を意味します。

(9)「インターンシップ」とは、サービス利用者が求人希望者の採用を目的として一定の期間行うプログラムを意味します。

(10)「登録情報」とは、本サービスを利用する目的で、サービス申込者が申込書等により当社に提供する一切の情報を意味します。

(11)「個人情報」とは、個人情報保護法にいう生存する個人に関する情報(氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザ ID、パスワード、クレジットカードなどの情報、及び個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報を意味します。

(12)「知的財産権」とは、著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む。)、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)を意味します。

 

第3条(本サービスの内容)   

1.本サービスは、求職希望者とサービス利用者とのマッチングを行うこと及びマッチングの機会となるイベントを提供するサービスです。

2.当社は、本サービスの提供において、次の業務を行います。

(1)本サービスを利用する求職希望者及びサービス利用者の募集

(2)当社イベントの開催、運営及び集客

(3)本サービスの管理及び運営

(4)サービス利用者の運営するイベントへの集客支援

ア.インターネットを使った集客支援

イ.リアル媒体を使った集客支援

(5)サービス利用者への当社イベントへの参加枠の販売

(6)サービス利用者へのインターンシップ参加者の紹介

ア.当社からサービス利用者のインターンシップへの参加を希望する求職希望者の紹介

イ.当社からサービス利用者のインターンシップ説明会へのインターンシップ参加を希望する求職希望者の斡旋

(7)サービス利用者への求職希望者の紹介

ア.当社からサービス利用者へ採用要件を満たす求職希望者の紹介

イ.当社からサービス利用者の採用説明会へ参加を希望する求職希望者の斡旋

(8)サービス利用者へのプロモーション支援  

ア.動画製作代行

イ.メディア掲載代行

ウ.その他、採用コンサルティング業務

(9)前各号に付随する業務

3.サービス利用者は、当社へ提出した申込書に従い、本サービスの一部又は全ての提供を受けることができます。

第4条(業務の再委託)

1.当社は、前条に定める業務の一部又は全部を第三者(当社の子会社を含む。)に委託できるものとします。

2.前項に定める業務の再委託を行う場合、当社は、本契約及びその他の取り決めに基づき当社が負う内容と同様の責任を当該第三者に課すものとし、当該第三者による本規約の違反は、当社による規約違反とみなすものとします。

 

第5条(申込と契約成立)

1.本サービスの利用を希望する法人又は個人は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の登録情報を当社の定める申込書によりサービス申込者として当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の申込をすることができます。

2.当社は、当社の基準に従って、サービス申込者の可否を判断し、当社が本サービスの利用を認める場合にはその旨をサービス申込者に通知し、この通知によりサービス申込者と当社との間に、本サービスの利用に関する契約関係(以下「サービス利用契約」という。)が成立し、サービス申込者はサービス利用者としての資格を持ち、申込書に記載された期間、サービスの利用ができるものとします。

3.サービス利用契約の成立時に、サービス利用者には、当社の定める本サービスの利用料金の支払い義務が生じ、サービス利用者は本サービスの利用及び当社イベントへ参加する権利を持つものとします。

4.当社は、第1項に基づき本サービスの利用の申込をしたサービス申込者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、本サービスの利用を拒否することがあります。

(1)当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(2)第20条(反社会的勢力の排除)の規定に反していると当社が判断した場合

(3)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合     

 

第6条(サービス利用期間)

1.サービス利用者は、当社に提出した本サービスの申込書に記載された期間、本サービスの利用ができるものとします。

2.サービス利用期間の経過後、サービス利用者が本サービスの利用の継続を希望する場合、当社にその旨を通知し、当社とサービス利用者とで継続されるサービス利用契約におけるサービス利用期間を協議し決定するものとします。

 

第7条(サービス利用料金及び支払い方法)

1.サービス利用者は、本サービスの利用料金として、別途当社が定め、当社ウェブサイト及び申込書等に表示する利用料金を、当社へ提出された申込書における記載に従い、当社の指定する銀行口座へ振込にて支払うものとします。この際の振込手数料は、サービス利用者の負担とします。

2.サービス利用者が本サービスの利用料金の支払を遅滞した場合、サービス利用者は支払期日の翌日から支払日に至るまで、当該利用料金に対し、年率 14.6%(1年を365日とする日割り計算)を乗じた額を遅延損害金として当社に支払うものとします。

 

第8条(申込と契約成立)

当社は、前条に基づきサービス利用者から支払われたサービス利用料金については、原則返金を行わないこととします。ただし、第14条(求職希望者の紹介における返金規定)の規定に該当する場合及び申込書等に返金に関しての規定のある場合は、この限りではありません。

 

第9条(イベントの中止、延期、停止など、)

1.当社は、次の各号の事由に該当する場合、当社の判断により当社イベントの中止、又は延期することができるものとします。当社が、当社イベントの中止又は延期を決定した場合、別途当社が定めた方法によりサービス利用者へ連絡するものとします。

(1)火災・停電、天変地異等の非常事態により当社イベントの運営が困難となった場合

(2)戦争、内乱、暴動等の理由により、当社イベントの運営が困難となった場合

(3)法律、法令などに基づく措置により当社イベントを実施できない場合

(4)当社がサービス利用者に対して、事前に合理的な範囲で周知した場合

(5)その他、当社がやむを得ないと判断した場合

2.当社が、当社イベントの中止又は延期を決定した場合、当該当社イベントへ参加を予定していたサービス利用者は、代替えとして、当該当社イベント以外の日程にて開催される当社イベントへ参加するものとします。サービス利用者が、当該当社イベント以外の日程にて開催される当社イベントへ参加できないときは、別途、当社とサービス利用者とで協議しその取り扱いを決定するものとします。

3.当社イベントの開催中に、本条第1項の各号に該当する状況となった場合、当社は、当社の判断により当社イベントの全部又は一部を停止することができるものとします。当該停止が行われた場合のその後の処理に関しては、別途、当社とサービス利用者とで協議しその取り扱いを決定するものとします。

4.当社は、サービス利用者に対して事前に承諾を得ることなく、いつでも任意に、当社イベントの内容又は名称を変更することができるものとします。この変更を行った場合、当社は遅滞なくサービス利用者へ通知するものとします。

 

第10条(インターンシップ参加者の紹介における留意事項)

1.当社がサービス利用者へ第3条(本サービスの内容)第2項6号に定めるインターンシップ参加者の紹介を行ったとき、当該インターンシップの関する同意は、サービス利用者と当該紹介を受けた求職希望者との間で直接行われるものとし、当社はインターンシップの諸条件について一切の責任を負いません。

2.サービス利用者と求職希望者とのインターンシップの実施において、サービス利用者又は求職希望者に、何らかの損害が生じた場合といえども、当社は当該損害を賠償する責任を負いません。

 

第11条(インターンシップ参加者の採用における留意事項)

1.サービス利用者が、第3条(本サービスの内容)第2項6号に定めるインターンシップ参加者の紹介を受け当該インターンシップ参加者を採用しようとするときは、サービス利用者は当社に対して、当該インターンシップ参加者を第3条(本サービスの内容)第2項7号イに定める求職希望者としての紹介を受けたい旨を通知しなくてはなりません。

2.前項に定める通知の後、サービス利用者は当該インターンシップ参加者を第3条(本サービスの内容)第2項7号イに定める求職希望者として取り扱い、該当する本規約の規定に従わなくてはなりません。

 

第12条(求職希望者の紹介における労働条件の明示)

サービス利用者は、第3条(本サービスの内容)第2項7号ア及びイに定める求職希望者の紹介を依頼するにあたり、その依頼する人材に係る労働条件(職業安定法第5条の3第項に定める事項を含む。)を当社の指定する書面(当社の指定する求人票を指し、以下「求人票」という。)により明示しなければなりません。求人票は、これを書面に限らず、PDFファイル及び電子メール等の電子的な方法によるものも認めるものとします。

 

第13条(求職希望者の紹介における採用の決定と通知)

1.サービス利用者は、当社が紹介した第3条(本サービスの内容)第2項7号ア及びイに定める求職希望者(以下「紹介求職希望者」という。)について、自ら選考の上、適当と認めた場合には、あらかじめ当社に示した求人票による条件等に基づき採用を決定するものとします。

2.サービス利用者は、前項に定める採用を決定した場合、当社に対し、直ちに当該採用決定の事実及び決定された労働条件(賃金、労働時間、業務内容等、当社と採用決定者が締結する雇用に関する契約書に記載される条件を含むがこれに限られない。)を書面により通知しなければなりません。この通知は、これを書面に限らず、PDFファイル及び電子メール等の電子的な方法によるものも認めるものとします。

 

第14条(求職希望者の紹介における返金規定)

1.紹介求職希望者が、サービス利用者の入社後に当該紹介求職希望者の自己都合により内定辞退した場合、当社は第7条(サービス利用料金及び支払い方法)の定めにより受け取ったサービス利用料金のうち、第3条(本サービスの内容)第2項7号ア及びイに定める求職希望者の紹介のサービス利用料金に該当する金額を、返金規定に沿ってサービス利用者へ返還するものとします。ただし、サービス利用者による解雇については、当該紹介求職希望者の責に帰する事由又はその他の合理的な事由がある場合にのみ認められるものとします。

2.前項に定める退職があったとき、サービス利用者は直ちに当社へ当該退職の事実及びその事由を書面により通知しなければなりません。当社は、当社の基準に従って、当該通知の内容を判断し、当社が当該の退職を認める場合には、サービス利用者からの通知を受け取った日が属する月の翌月末日までにサービス利用者の指定する銀行口座に振り込む方法により、前項に定める金額を返還するものとします。本項に定める通知は、これを書面に限らず、PDFファイル及び電子メール等の電子的な方法によるものも認めるものとします。

3.当社が、前項に定めるサービス利用者からの通知の内容を認められないと判断した場合、当社はその事実及びその事由を書面によりサービス利用者へ通知します。本項に定める通知は、これを書面に限らず、PDFファイル及び電子メール等の電子的な方法によるものも認めるものとします。

 

第15条(求職希望者の雇用及び退職の取扱い)

1.サービス利用者と紹介求職希望者との雇用契約は、当該当事者間にて、その責任において直接行われるものとし、当社はこれに関与せず、雇用契約に起因して生ずるいかなる損害及び紛争について、当社は一切の責任を負いません。

2.紹介求職希望者が、サービス利用者との雇用契約締結後、サービス利用者の故意又は重過失があり紹介求職希望者が入社辞退もしくは退職をする場合、当社は、サービス利用者に対し、本件契約に基づくサービス利用料金を返還するものではありません。

 

第16条(登録情報の扱い)

1.当社は、以下の目的のために、サービス利用者の登録情報を収集し、利用します。

(1)本サービスの利用及び当社イベントの運営に関して、当社からの連絡や業務の案内やご質問に対する回答や資料の送付に利用する目的

(2)当社にてサービス利用者の確認を行うために利用する目的

(3)当社がサービス利用者にとって有益であると判断する当社のサービス又は、広告主や提携先企業の商品、サービスなどに関する情報を提供する目的

(4)上記の利用目的に付随する目的

2.当社は、登録情報に関して本規約に定めのない項目に関しては、別途定める当社プライバシーポリシー(https://www.zerotalent.co/privacy-policy)にもとづき、取り扱うこととします。

 

第17条(求職希望者の情報の取り扱い)

1.サービス利用者は、当社から提供を受けた求職希望者の個人情報を、事前に当社の許諾を受けることなく第三者に開示又は漏洩してはならないものとします。

2.当社は、サービス利用者に対して第3条(本サービスの内容)に定める本サービスの提供おいて、当社が必要と判断した範囲の求職希望者の情報を提供するものとします。

3.サービス利用者は、前項に規定する範囲を超えて求職希望者の情報を収集する場合、サービス利用者の責任において求職希望者から直接に情報を収集するものとし、その際には、サービス利用者のプライバシーポリシーなどを求職希望者に提示するものとします。本項によって取集された求職希望者の情報の取り扱いについては、当社は一切の責任を負いません。

 

第18条(禁止事項)

1.サービス利用者は、本サービスの利用及び当社イベントへの参加に際して以下に定める行為を行ってはなりません。

(1)良識に欠ける行為や、品位に欠ける行為

(2)他のサービス利用者、求職希望者、当社、当社の関係者、及びその他第三者を中傷したり、名誉を傷つけたりする行為

(3)知的財産権、肖像権及びパブリシティ権などを含む権利を侵害する、又はその恐れのある行為

(4)社会的倫理に反する行為

(5)個人、法人問わず、自ら又は組織などを偽る行為

(6)当社の承諾のない商業行為や勧誘行為

(7)宗教団体もしくはそれと同視し得る団体への勧誘、布教、寄付などを求める、又はその恐れのある行為

(8)当社の役職員に対して引抜及びこれに準ずる行為(退職の勧誘、退職者に対する誘引等)

(9)当社イベントを実施している施設への破損行為

(10)その他、当社が不適切と判断する行為

2.サービス利用者が、本条第1項に違反したと当社が判断した場合には、当社イベントへの参加停止、その他当社が適切と判断する措置をとることができるものとします。当社が本項に定める措置を取ったときであっても、すでに支払われたサービス利用料の返金は行いません。

3.サービス利用者が本条第1項に定める禁止事項のいずれかに違反した場合、当社は当該サービス利用者に対し、その行為により当社が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含む)の賠償を請求できるものとします。

 

第19条(機密保持)

1.当社及びサービス利用者は、本サービスの利用により知り得た相手方の技術上又は営業上その他業務上の一切の情報(以下「機密情報」という。)を、相手方の事前の書面による承諾を得ないで第三者に開示又は漏洩してはならず、本サービスの利用のためにのみ使用するものとし、他の目的に使用してはならないものとする。ただし、情報を受領した者は、自己又は関係会社の役職員若しくは弁護士、会計士又は税理士等法律に基づき守秘義務を負う者に対して機密情報を開示することが必要であると合理的に判断される場合には、同様の義務を負わせることを条件に、情報を受領した者の責任において必要 小限の範囲に限って機密情報をそれらの者に対し開示することができるものとします。

2.前項の規定は、次のいずれかに該当する情報については、適用しないものとします。

(1)開示を受けた際、既に自己が保有していた情報

(2)開示を受けた際、既に公知となっている情報

(3)開示を受けた後、自己の責めによらずに公知となった情報

(4)正当な権限を有する第三者から適法に取得した情報

(5)相手方から開示された情報によることなく独自に開発・取得していた情報

3.当社及びサービス利用者は、法令に基づき行政官庁、裁判所から開示を求められた機密情報については、必要 小限の範囲内で開示することができるものとする。当該開示を行ったときは、相手方に速やかに連絡するものとする。

4.当社及びサービス利用者は、本規約に基づく契約が終了した場合又は相手方から要求があった場合、直ちに機密情報を返還し、又は相手方の指示に従って破棄若しくは消去しなければなりません。

5.本条の規定は、本規約に基づく契約の終了後も3年間、引き続き効力を有するものとします。

 

第20条(反社会的勢力の排除)

1.当社及びサービス利用者は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約します。

(1)自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」という。)ではないこと

(2)反社会的勢力と次の関係を有していないこと

ア.自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的、又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用していると認められる関係

イ.反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与している関係

(3)自らの役員(取締役、執行役、執行役員、監査役、相談役、会長その他、名称の如何を問わず、経営に実質的に関与している者をいう。)が反社会的勢力ではないこと、及び反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと

(4)反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本規約に基づく契約を締結するものでないこと

(5)自ら又は第三者を利用して本規約に基づく契約に関して次の行為をしないこと

ア.暴力的な要求行為

イ.法的な責任を超えた不当な要求行為

ウ.本サービスの利用に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

エ.風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為

オ.その他前各号に準ずる行為

2.当社及びサービス利用者の一方について、次のいずれかに該当した場合には、その相手方は、何らの催告を要せずして、本規約に基づく契約を解除することができます。

ア.前項(1)ないし(3)の確約に反する表明をしたことが判明した場合

イ.前項(4)の確約に反し契約をしたことが判明した場合

ウ.前項(5)の確約に反した行為をした場合

3.前項の規定により本規約に基づく契約が解除された場合には、解除された者は、その相手方に対し、相手方の被った損害を賠償するものとします。

4.第2項の規定により本規約に基づく契約が解除された場合には、解除された者は、解除により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行うことはできません。

 

第21条(サービス利用者からのサービス利用の停止)

1.サービス利用者は、書面により当社に通知することにより、本サービスの利用を停止し、自己のサービス利用者としての登録を抹消することができます。

2.サービス利用者は、前項に定める本サービスの利用の停止にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

3.当社は、サービス利用者が第1項に定める本サービスの利用の停止を行ったときといえども、すでに支払われたサービス利用料の返金は行いません。

 

第22条(契約の解除)

1.当社は、サービス利用者が次の各号のいずれか一つに該当したときは、何らの通知、催告を要せず、直ちに本規約に基づく契約を解除することができるものとします。

(1)本規約に定める条項に違反し、サービス利用者に対し催告したにもかかわらず14日以内に当該違反が是正されないとき

(2)監督官庁より営業の許可取消し、停止等の処分を受けたとき

(3)支払停止若しくは支払不能の状態に陥ったとき、又は手形若しくは小切手が不渡りとなったとき

(4)第三者より差押え、仮差押え、仮処分若しくは竸売の申立て、又は公租公課の滞納処分を受けたとき

(5)破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始の申立てを受け、又は自ら申立てを行ったとき

(6)解散、会社分割、事業譲渡又は合併の決議をしたとき

(7)資産又は信用状態に重大な変化が生じ、本規約に基づく契約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき

(8)その他、前各号に準じる事由が生じたとき

2.前項により、本規約に基づく契約を解除されたサービス利用者は、解除によって当社が被った損害の一切を賠償するものとします。

3.当社は、サービス利用者が第1項により本規約に基づく契約を解除されたときといえども、すでに支払われたサービス利用料の返金は行いません。

 

第23条(免責)

1.当社は、当社イベントにおいて、サービス利用者と他のサービス利用者又は求職希望者、その他の第三者との間で生じた一切のトラブル(違法又は公序良俗に反する行為、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、当社の故意又は重過失がある場合を除き、責任を負わないこととします。

2.当社は、当社イベントへの参加に起因してサービス利用者に生じた一切の損害について、当社の故意又は重過失がある場合を除き、責任を負わないこととします。

 

第24条(権利義務の譲渡)

1.サービス利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく契約上の地位又は本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2.当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにサービス利用者の登録事項その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、サービス利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

 

第25条(本規約の変更)

1.当社は、本規約(当社ウェブサイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定等を含む。以下本項において同じ。)を随時変更できるものとします。

2.当社は、本規約を変更した場合、サービス利用者に、別途当社が定める方法により当該変更内容を通知するものとします。

3.サービス利用期間内に行われた本規約の変更は、当該サービス利用期間内においては適用されず、本契約が継続されたときに適用されるものとします。

 

第26条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により、又は管轄権を有する裁判所によって無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

 

第27条(紛争の解決)

本規約に定める事項及び当社イベントに関連した内容について疑義が生じた場合、その他本規約に関して争いが生じた場合は、サービス利用者と当社の両者が誠意を持って協議し、解決するものとします。

第28条(準拠法)

本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

第29条(合意管轄裁判所)

本規約に定める事項及び当社イベントに関連した内容に関する一切の訴訟その他の紛争に関しては、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【平成31年2月1日制定施行】

2018© ZERO TALENT Inc.